にんにん豆知識

豆知識(まめちしき)。小ネタ。ねこ画像。いぬ画像。+たまにAKB48 desu

スポンサーサイト 


( ↓ 画像 を クリック すると 大きくなります / 一部を除く)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1pix.gif
1pix.gif ↑記事が面白かったら「+1」のクリックご協力お願いします♪

( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ドラマ 仁 詳しいあらすじ 第9話 6/12 


( ↓ 画像 を クリック すると 大きくなります / 一部を除く)

ドラマ 仁 詳しいネタばれ 第二期 第9話 6/12


ドラマ日曜劇場「JIN-仁-」のネタバレです。
検索から来られた方は、お探しのあらすじが見つかるはずです。



日曜劇場「JIN-仁-」 第9話 (20110612-2100 NBC長崎放送)2
東修介の振った刃が龍馬の額を通った

せっかく仁が龍馬を助けようと奮闘したのに、龍馬は額をバッサリと・・・。

あらすじ ネタばれ注意 第二期-第9話 6/12

原作漫画安い!


第二期-第9話 6月12日放送

『歴史に逆う命の誕生…』

◆仁は、現代の恋人であった未来が「坂本龍馬は誕生日に死んだ」
という歴史を話していたのを思い出し、
誕生日、つまり暗殺日の11月15日まで あと1ヶ月だと気付く。

「必ず龍馬を助ける」と決心した仁は、咲と佐分利先生を連れて、
龍馬のいる京へ向け急ぎ旅立つ。



◆一方、咲の兄の恭太郎は、上役から 母と咲の命を人質として脅され、
龍馬暗殺を命じられる。
悩む恭太郎。
個人的な感情は抜きにして、
最後まで徳川の家臣として生き、最後は自分も死のうと思っていた。
恭太郎達は、仁が龍馬に会いに旅立つことを推察し、上役とともに仁を尾行する。

仁たちが旅の途中に立ち寄った宿で、
恭太郎は偶然遭ったフリをして真意を聞く。
その後、咲に、仁と二人で橘の家に戻って来て欲しいと頼む。
仁が来た頃は、政治の波に飲まれずに楽しかった、と懐かしむ恭太郎。

しかし、昔に戻ることなどできない。
翌朝、恭太郎は仁に「咲を末永くお願いします」と頼む。
死ぬ決心をしたのであった。



◆政治の汚い世界、つまり殺し合い から手を引いて、海縁隊を作り世界に出て行く夢を持つ龍馬。
そんな、平和主義になった龍馬を見て感動した東修介は、
一生ついていく事に決めた。
「兄の仇討ちで龍馬を殺す」という最初の意志は、完全に断ち切った。



◆野風の癌発見に失敗し仁に恨みを持つ医師 三隅俊斉は、
安道名津 献上の件の策略に失敗し、新たな策略を練る。
仁友堂が発行しているペニシリン製造許可証を偽造する三隅。
偽薬を広めた罪で、仁友堂へと捕り物に来た役人が、
不在の仁の代わりに、山田純庵たちを逮捕する。



◆京都へ向かう仁一行を尾行をする恭太郎たち。
一刻も早く龍馬と会おうとする仁だったが、京都市中を探しても見つからない。
暗殺当日になって、必死に龍馬を探すが、
そんな時、偶然に龍馬の護衛の東修介に出会い、
龍馬の居る近江屋に連れて行ってもらう。

まだ殺されていない龍馬に会い、喜ぶ仁。
しかし、現代から来たことを秘密にしている仁は、
暗殺されることを本人に言うわけにもいかず、とにかく京を出ようと勧める。
真相を知らないので呑気にしている龍馬。
「軍鶏を食いにいこう」と寺田屋に向かう。

龍馬に恨みを持つ薩摩藩士数名が、
龍馬暗殺の命を受けている見廻り組(幕府の治安部隊)に、
龍馬の居場所を近江屋だと教え、
見廻り組が近江屋に攻め入るが、もぬけの殻であった。
暗殺は失敗に終わった。



◆伏見の寺田屋で軍鶏を食べる龍馬たち。
護衛ついでに と近江屋から同行してきた、
意思を同じくする 同郷の中岡慎太郎。
彼が帰宅しようと寺田屋を出た途端、
周りを固める薩摩藩士により、外で殺されてしまう。

早く京都を出ようと焦る仁。龍馬は呑気に居座る。
夜12時を過ぎ、史実の暗殺日である11月15日は過ぎた。ホッとする仁。



◆定時の巡回警備に出て行った東修介は、
寺田屋の外に潜む恭太郎を発見し、尋問する。
斬り合いになる恭太郎と東。

龍馬はそれを発見し、所持していた鉄砲で終息させようと出て行く。
しかし、さきほど仁と話している最中、鉄砲を床に置いてきた事に気付き、
丸腰の龍馬は、恭太郎から刃を向けられる。

躊躇する恭太郎だが、
意を決して、「御免ーー!」と叫びながら斬りつける。
その時、
上役と斬りあっていた東が、飛び出して来てその刃を受ける。
とっさに来たせいで、体勢を崩してしまった。

そして、第二の刃、上役が振り下ろした物が向かってきた。
後ろから来た第二の刃を目の端に捉えた東は、目をつぶって刃を振り回す。
その切っ先が、龍馬の額の中を通ってしまう。

血飛沫が、近くにいた仁に降りかかる。
龍馬は、流血しながら崩れ落ちた。

日曜劇場 JIN -仁- オフィシャルガイドブック送料無料



サントラ安い!
関連記事
1pix.gif
1pix.gif ↑記事が面白かったら「+1」のクリックご協力お願いします♪

同じ東として希望的筋書きを考えてみました。無理があるかもしれませんが聞いて下さい。 東が、坂本を切ったのは恭太郎と坂本の二人が助かる唯一の選択だったのではないでしょうか?坂本は、幕府の暗殺者から見れば死んだと思われ恭太郎もおとがめ無しまたは、手柄を立てたと思われるし、坂本は、仁がきっと助けてくれると考えてぎりぎりの傷を負わせて、史実にあわせて世間には死んだとして密かに海外に旅立たせる。考えすぎでしょうか次回には結果が出ますね。
[ 2011/06/18 12:28 ] [ 編集 ]
東さん、コメントありがとうございました。

そういう考えもあるんですね。
私は、とっさに振った刀が、運悪く龍馬の額をかすってしまった事故の可能性とかを考えてました。
(たぶん違うでしょうが)

原作とは少し違う展開でして、今後の行く先が見えません。
原作では、手術は成功するんですが、髄膜炎を起こして死んでしまいます。
いずれにせよ、明日には続きがわかるので、ドキドキしながら待つことにしましょう。
[ 2011/06/18 21:47 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
リンク

相互リンク募集しております
お申込は右下メールフォームより
どうぞ。
どこかの記事にコメントされる方式でも、受け付けております
↓?
あとでじっくりと読むなら↓


おそとでじっくりと読むなら↓
忍者ビジタ 顔にマウスを・・・
?????
更新頻度のお知らせ
基本的にほとんど更新してません。

そこんとこ何卒よろしくお願いします。


ホーム > スポンサー広告 > ドラマ 仁 詳しいあらすじ 第9話 6/12ホーム > ドラマ「JIN-仁-」あらすじネタばれ > ドラマ 仁 詳しいあらすじ 第9話 6/12
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。