にんにん豆知識

豆知識(まめちしき)。小ネタ。ねこ画像。いぬ画像。+たまにAKB48 desu

スポンサーサイト 


( ↓ 画像 を クリック すると 大きくなります / 一部を除く)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1pix.gif
1pix.gif ↑記事が面白かったら「+1」のクリックご協力お願いします♪

( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

食中毒を予防する意外な裏技!? 


( ↓ 画像 を クリック すると 大きくなります / 一部を除く)

食中毒を予防する、隠れた裏技的方法があるんです。

それは、

「食事中に水分を飲まない」

ことと

「良く噛む」

ことなんです。

はぁ?

なぜでしょうか?
また、本当に効果があるのでしょうか?


d7541d22-0bcc-b18b-9568-3a692ed95573_o.jpg

これからの季節、食べ物が傷みやすくなるので、食中毒の危険性が大幅に増えます。
細菌、ウイルス性の食中毒です。
気をつけましょう。

食中毒が発生するのは、7月から9月にかけての3ヶ月間が最も多く、
年間発生件数の半数以上がこの期間に集中しています。




では、まず・・・


食中毒予防の3大原則

1.細菌を付着させない
  手、食品、調理器具、食器をよく洗う。
  特に、器具や食器は充分に乾燥させるのが効果的。
  生の食品を扱った器具(包丁など)をそのまま、加熱後の食品に使わない。

2.細菌の量を増やさない
  長く保存しない、調理の下準備は手早く済ませる

3.殺菌する
  食品の中まで十分に火を通す
   (中心部75℃で1分以上が基準。但しノロウイルスは例外の85℃)
  スープなどの再加熱も、温める程度でなく、十分に火を通す。
   じつは、温泉卵や おいしいオムレツは 温度的にアウトなので、
   他の予防方法が必要です。

ことです。

では裏技について説明しましょう。


401stop00-g1.jpg


◆まあまあ その前に、細菌 ウイルス性食中毒の豆知識を少し覚えてみましょうか。

細菌性 ウイルス性食中毒で人体が害を受ける直接の原因は、
細菌が出す毒素」と「細菌による消化管壁への攻撃」です。

ですから、もちろん納豆菌 通常大腸菌などの無害な細菌なら、いくら増えたって害は無いわけです。

大まかに分けると2種類あります。



・感染型 サルモネラ菌、カンピロバクター、腸管出血性大腸菌(病原性大腸菌)、
     腸炎ビブリオなど

  腸など消化器内で増殖して毒素を作り出したり、
  消化器壁の組織を壊します。(食品加熱有効)


・毒素型 黄色ブドウ球菌,ボツリヌス菌など

  食べる前の食品で増殖して、その時に毒素を作り出します。
  (食品加熱による毒素の分解は ほとんどできませんが、
  弁当などの調理後時間が経過するものに対しては、殺菌できる点で有効)



ポイント
傷んでないからといって油断しない
「色、におい、味、がおかしい=腐敗」腐敗している場合は、もちろんアウトです。
細菌や毒素が増えてることは一目でわかります。

しかし、腐敗していない食品からでも、食中毒は起こります。
感染型の細菌やノロウィルスは、少しの数でも被害の実例があります。

少なくても、運の悪いときは当たるんです。
生きて腸に到達さえすれば、後は増殖するだけでいいんですから。



102621ace872.gif




◆さて、おまたせしました、ここから本題。
今回の話の対象は、生きた細菌が腸まで届いて増殖する「感染型」です。




◎感染型は、生きた細菌が口から入るのが原因ですよね。
だったら、腸に行く前に殺しちゃえばいいんです。

胃酸の効果
胃酸はpH(酸度=水素イオン濃度指数)が2弱の塩酸。
pH2といえば、ほとんどの細菌は死滅します。


あ、ちょっと待ってよ。
食べ物を食べた直後でも、そのpHなの?

いえ、摂食直後の 胃内のpHは6程度まで上がります。
しかし、胃壁近くの胃酸が分泌されている場所ではpH2より低いままです。
そして、胃の蠕動(動き)によって攪拌されて行き、
最終的に食べ物全体に行き渡り、pH2に近くなります。

次は、この効果を最大限に発揮させるために、「必要な事2つ」の話です。



1.「食事中に水分を飲まない」 こと


thum.jpg



 水分の悪い影響

・食物が胃に入ると、その刺激により胃酸の分泌が始まります。
胃酸分泌の為のセンサーは ONとOFFしかないスイッチなので、
食物の種類によって分泌の濃度を変化させることはできません。

・そして、消化終了のタイミングは、内容物の流動性で判断しています。



そのことを前提に、固形物が多い場合と、水分が多い場合を比較してみましょう

固形物が多い
→ 全体のpHが下がりやすい(強酸になりやすい)
  完全に消化が終了するまで胃に留まる

水分が多い
→ 胃酸が薄まってpHが下がりにくい(強酸になりにくい)
  フライングで消化終了



水分が多いと、消化が終わったと勘違いしやすいのでしょうか。

ただでさえ胃酸が薄められてpHが下がりにくいのに、
フライングで消化を終了されてしまっては、
死ぬはずの細菌も当然、生きて腸に届いてしまいます。

腸には、善玉菌とかなんとかいう細菌がたくさんいますが、
ブッチャケそんなものは屁の役にしか立ちません。(←ここ笑うポイント)




はぁ? いまいち意味がわからん。

じゃあ
例:

・胃を切除した人は胃酸がないから食中毒になりやすい、と言われている。

・昔の人は食事中に水分を摂らなかった。
 その為、保存技術が発達していなかったにもかかわらず、
 食中毒の爆発的被害が多いというわけではなかった。
  (食べ物が硬くて消化に時間が掛かった、抵抗力があった、等の理由もあります)

・野良犬、野良猫がゴミ箱を漁って食べていても、けっこう平気な場合が多い
  (これも、抵抗力がある等の理由はあります)

・戦時中に、日本軍の軍人さんたちが、どこぞの不衛生な場所に居る時この方法で
 コレラを防いだ。
 とかいう話があります。
  (コレラは口を経て感染する伝染病なので、例に入れてみました)
 
 コッホがコレラ菌を発見したのが1884年。
 世界で最初にその情報を広めてから、60年後には世界中に広まっていたのですね

むずかしいかな?
この辺で、納得をお願いします。




2.「良く噛む」 こと

良く噛むことも重要です。
よく噛む事によって食物が小さくなり表面積が増えるので、
胃酸が細菌に接触しやすくなります。

しかし、水分を同時に摂る食べ方をする現代人の場合は、
その水分を使って「流し込む」食べ方をする傾向にあり、
結果的に噛む回数が少なくなっているそうです。


008.jpg




おまけ

食中毒には、細菌によるもの以外に、こんな原因のものも含まれます。
参考:

化学物質によるもの
農薬、ヒ素など

自然毒
じゃがいもの芽(ソラニン)、フグ毒(テトロドトキシン)、毒キノコなど

特殊な物の一例
生魚の刺身にいるアニサキス(寄生虫)
本来、クジラやイルカに食べられて成虫になり寄生するはずの幼虫。
ヒトは宿主にならないので長居はしませんが(そのうち排出される)、
体内にいる間は胃腸を食い破って「激痛」や「穿孔性腹膜炎」を起こします。
食品加熱で死滅しますが、意外なことに、冷凍させても死滅するそうです。




おわり。
いやー、わかりにくい説明でしたね、すいません。



アメリカンジョーク

「パパ~馬鹿って何~?」
「相手に何かを伝えるとき、簡単に済むことでも、
 わけのわからない長ったらしい方法で伝えようとしてしまって
 結局相手に何が言いたいのか伝わらなくなってしまうような人のことだよ
 わかったかい?」
「わからないよパパ」




blog471.jpg
生肉ガガ





資料リンク:
バーベキューによる食中毒を防ぐために[PDF注意]
http://www.fsc.go.jp/sonota/shokutyudoku/barbecue_chudoku.pdf
生焼けは避けましょう


レトロポップという名の黄色ブドウ球菌紛い|『URABE』のブログ様
http://ameblo.jp/uraberica/entry-10769200882.html
t02200293_0480064010984707941.jpg
マジキチw

関連記事
1pix.gif
1pix.gif ↑記事が面白かったら「+1」のクリックご協力お願いします♪

( 2011/05/23 09:38 ) Category まめちしき | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
リンク

相互リンク募集しております
お申込は右下メールフォームより
どうぞ。
どこかの記事にコメントされる方式でも、受け付けております
↓?
あとでじっくりと読むなら↓


おそとでじっくりと読むなら↓
忍者ビジタ 顔にマウスを・・・
?????
更新頻度のお知らせ
基本的にほとんど更新してません。

そこんとこ何卒よろしくお願いします。


ホーム > スポンサー広告 > 食中毒を予防する意外な裏技!?ホーム > まめちしき > 食中毒を予防する意外な裏技!?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。