にんにん豆知識

豆知識(まめちしき)。小ネタ。ねこ画像。いぬ画像。+たまにAKB48 desu

スポンサーサイト 


( ↓ 画像 を クリック すると 大きくなります / 一部を除く)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1pix.gif
1pix.gif ↑記事が面白かったら「+1」のクリックご協力お願いします♪

( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ドラマ「JIN-仁-」 についての、ちょっとおもしろい話5 -新門辰五郎は、め組? を組?-  


( ↓ 画像 を クリック すると 大きくなります / 一部を除く)

結論から言うと、新門辰五郎は間違いなく「を組」です。

しかし現代の人は、「新門辰五郎=め組」と なんとなく思っており、勘違いしている人が多いようです。なぜでしょうか。


JIN‐仁‐ #9 (20110514-1300 NBC長崎放送)_132

南方仁が勘違いしているシーン↓



テスト JIN‐仁‐1 #9新門辰五郎出会いシーン め組?(再生画面が出てない場合に使ってください)





南方仁がタイムスリップして来た時代は、文久2年(1862年)です。

後で試験に出ます。『1862年』を覚えておいてください。






ではまず、実在した新門辰五郎の話を。

新門辰五郎
新門辰五郎は幼少の頃に実家の火事で父が焼死、或いは自宅から出火し近辺を類焼した責任を取り町火消になりました。
浅草十番組「を組」の頭である町田仁右衛門の元へ身を寄せ、火消や喧嘩の仲裁などで活躍します。
仁右衛門の娘を貰い養子縁組し、文政7年(1824年)に「を組」を継承します(を組の頭)。

侠客の元締め的存在であり、特に、江戸の侠客の中でも図抜けた資金力を誇り、支配下の的屋が納める場所代などの重みで、押入の床が抜けたこともあると・・・。

幕府の高級官僚だった勝海舟とも交流があったし、駿河国清水の侠客である清水次郎長とも知り合いでした。

また、徳川慶喜にかわいがられ、後に娘の芳は慶喜の妾となっています。

(慶喜が京都へ上洛した時は慶喜に呼ばれ、子分を率いて上洛して二条城の警備などを行いました。
大政奉還で江戸幕府が消滅し、鳥羽伏見の戦いの後に慶喜が大坂から江戸へ逃れた際には、
大坂城に残されたままになっていた家康以来の金扇の大馬印を取り戻し、東海道を下って無事送り届け、
慶喜の謹慎している上野寛永寺の寺の警護に当たっています)

そういった背景と、浅草という繁華街で名を売ったこともあり、「を組」の頭である新門辰五郎は、江戸の人達の間で有名でした。

没後は小説・講談・歌舞伎、テレビ番組のキャラクターに至るまで数多くのフィクションの題材とされています。



勘違いの原因「め組の辰五郎」
もう一人、「め組の辰五郎」という人物も実在しました。
もちろん、新門辰五郎とは別人で、め組の鳶人足の頭です。新門辰五郎と同じく「頭」ですね。紛らわしくなった原因の一つでしょう。

この人は、人物としては全く無名ですが、ある事件がきっかけで「め組」の「辰五郎」という名前だけが有名になってしまいました。


その事件とは・・・。
文化二年(1805年)に彼が起こした喧嘩「め組の喧嘩」です。

辰五郎と知人が相撲の春場所を無銭見物しようとしたのが発端。
相撲が開催されていた芝神明宮界隈は め組の管轄であり、「辰五郎」は木戸御免(きどごめん:芝居などに料金を払わず入れること)を認められていたが、「知人」はそうではなかったため、入口で口論となった。
そこへ力士の九竜山が通りかかって、木戸番に味方したので、辰五郎らは一旦引き下がった。

相撲場を去った辰五郎たちは芝居見物に向かったが、同じその芝居小屋へ何も知らずに九竜山がやって来て、先刻の恨みが再燃。他の見物客らもあおってその巨体を野次り満座の中で恥をかかせる。
九竜山はこらえきれずに辰五郎を投げ、芝居を台無しにしてしまう。

火消しの頭や相撲の年寄も仲裁に入って、一端は収まりかけたが、九竜山と同部屋の力士四ツ車が九竜山をあおって復讐をたき付け、自らも部屋から力士仲間を応援に呼び集めた。
これに対して火消し衆も火事場支度で応戦、さらには火の見やぐらの早鐘まで鳴らして仲間に動員をかける。

火消し衆は江戸町奉行、相撲側は寺社奉行と、それぞれを管轄する役所へ訴え出て事態の収拾をはかったが、もはやいかなる仲裁も用をなさないまでに騒動は拡大していた。
与力、同心が出動して乱闘に割って入り、火消しと力士合計36人が捕縛された。

江戸時代のこの時期の同様の騒動には、鳶職人700人が7時間に渡って鬩ぎ合ったものなどもあり、けが人は出たが直接の死者はなく(当事者のひとり富士松が乱闘中にうけた刀傷が原因となって取調べ中に牢死している)「め組の喧嘩」は規模としては小さい。

庶民の注目を集めたのは、事後処理が相撲興行を取り仕切る寺社奉行と、町方の事件を裁く町奉行、後には農民の訴訟を取り扱う勘定奉行も乗り出して、評定所の基本的な構成員である三奉行の協議によって進められるという、当時とても珍しい形をとったためだった。

早鐘に使用された半鐘は遠島扱いになり、辰五郎は百叩きの上江戸追放、長次郎と早鐘を鳴らした長松が江戸追放。その他の鳶は説諭と罰金と比較的軽く済んだ。
力士側では九竜山のみ江戸払いを命ぜられ、他にお咎めはなし。
騒動の後2ヶ月に渡って中断していた春場所は4月になってようやく千秋楽を打ち上げた。遠島になった半鐘は、明治時代になってから芝大神宮に戻されている。

め組の喧嘩 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%81%E7%B5%84%E3%81%AE%E5%96%A7%E5%98%A9より



この事件は講釈の「め組の喧嘩」として大きくあつかわれ,歌舞伎で文政5年脚色上演,明治5年に劇化した。
また明治23年には新富座で黙阿弥の高弟竹柴其水が「神明恵和合取組」として実名で劇化。辰五郎を演じた5代目菊五郎の当たり芸となり,代々の音羽屋の家の芸となった。




同じ「辰五郎」だったので、情報に疎い後世の人は ゴッチャにしてしまったのかもしれませんね。
暴れん坊将軍、江戸を斬る、その他の 昭和の時代劇 で、「め組の新門辰五郎」がたくさん出演してますから・・・。




さてさて、試験です。
南方仁がタイムスリップして来た時代は、いつだったでしょうか。

答えは「1862年」です。
新門辰五郎が70才の頃です。

で、め組の喧嘩は「1805年」

これは確実に別人ですね。
フィクションとはいえ、時代考証が原作漫画からしっかりしているのが定評の ドラマ JIN -仁- ですし。






ところで、この新門辰五郎の役は、当初 藤田まことさんの予定でした。
藤田さんがご病気で降板されて、代役に中村敦夫さんがされています。

aeqRu.jpg







でも中村敦夫さんを代役と呼ぶなんてとんでもない。

ハマり役ですよね。
JIN‐仁‐ #9 (20110514-1300 NBC長崎放送)_2



ところで、
あれ?
今日の放送に、原作で あった「お初ちゃん」への輸血シーンが無かったぞ!?
この子が亡くなる部分は同じでしたが・・・。

歌舞伎の舞台のクライマックスシーンも無かったぞ?

まあおもしろかったから、いいか。

少し演出が変わるのは当然ですが、なんとなく気にしちゃいます。

日曜劇場「JIN-仁-」 第5話 2
残念シーン
関連記事
1pix.gif
1pix.gif ↑記事が面白かったら「+1」のクリックご協力お願いします♪

( 2011/05/15 22:01 ) Category 「JIN-仁-」 梅毒 ペニシリン | TB(0) | CM(2)
はじめまして。
訪問者リストから参りました。

紋次郎と中村敦夫さんのファンとして、この記事を大変興味深く拝見いたしました。
「新門辰五郎」……かっこいいですねえ。
敦夫さんの歳も、ちょうど当時の辰五郎と同じぐらいだと思います。
あの貫禄はさすがだと思いました。
侠客としてだけでなく、いろんな方面の大物と繋がりあり、興味深い人物ですね。
勝海舟とも親交があり、「大した人物」だと評されているようです。
「JIN-仁-」での出演を、また楽しみにしたいと思っています。

これからもいろいろお教えくださいね。
よろしくお願いします。
[ 2011/05/16 19:43 ] [ 編集 ]
お夕さん、はじめまして。
コメントありがとうございます♪

時代劇、好きです。
特に好きなのは、萬屋錦之介の子連れ狼と、西郷輝彦の金さんです。

中村敦夫さん、仁でもかっこいいですよねえ。
魅せられます。

一方、藤田まことさんだったら どんな役作りをされたんだろうか、というのも気になっています。
藤田さんも、同じくらい魅力的だったはずですよね。
こちらの辰五郎親分も見てみたかったので、少し残念です。

「新門辰五郎が あれだけの財力と権力を持ったのは、裏の仕事にかなり手を出していたからだ」という噂が、当時あったようです。
しかし、彼を妬んだ誰かが広めたデマかもしれず、検証も無く曖昧な追及で終わっていたので、適当な事は書きたくなくて、今回は記事にしませんでした。
そんな悪どい人では無いでしょう。立派な人です。

ところで、私は、普段はバカなことばかり書いているので、たまに力を入れて書いた真面目な記事を応援していただくと すごく嬉しくなります。

自分の持っている難しい情報を、いかに楽しく簡単に伝えるか。もちろん、自分のうろおぼえや記憶違いは正さないといけません。知識系の記事を書くときには毎回悩まされます。
でも、結果として、「楽しんで読んでいただいたかたの頭の中に、難しい知識が自然と入っている」そんな記事を目指しています。

あ、こんなことを言っておきながら、意味のわからない文章になりかけてますね。私は何を言っているんでしょうね。読みにくくてすいません。

「リンクフリー」の記述を拝見いたしましたので、紋次郎気質さまを勝手ながら当方のリンクに登録させていただきたいと思います。ご迷惑だったら、遠慮なくおっしゃってください。

これからもよろしくお願いします。
[ 2011/05/17 00:33 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
リンク

相互リンク募集しております
お申込は右下メールフォームより
どうぞ。
どこかの記事にコメントされる方式でも、受け付けております
↓?
あとでじっくりと読むなら↓


おそとでじっくりと読むなら↓
忍者ビジタ 顔にマウスを・・・
?????
更新頻度のお知らせ
基本的にほとんど更新してません。

そこんとこ何卒よろしくお願いします。


ホーム > スポンサー広告 > ドラマ「JIN-仁-」 についての、ちょっとおもしろい話5 -新門辰五郎は、め組? を組?- ホーム > 「JIN-仁-」 梅毒 ペニシリン > ドラマ「JIN-仁-」 についての、ちょっとおもしろい話5 -新門辰五郎は、め組? を組?-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。